ダウンロード(自己解凍型)
戻る
Lhsaなどの解凍ソフトがなくてもダブルクリックするだけで「自己解凍」するソフトも添付いたしました。お試しください。その前に「拡張子の表示」をなさっていない方がおいでたら、なにかと不便ですので、拡張子の表示の仕方も書いておきます。(拡張子を表示していないいとiken97.mdb(ご意見ver1 本体)もiken97.lzh(LHA圧縮したもの)もiken97.EXE(自己解凍型圧縮ソフト)のすべてiken97と表示されるため、わかりにくいと思います。ファイルの拡張子(iken97.***のピリオッド以下の3文字)を表示しておきましょう。もちろん、すでに表示されている方は、この項を読みとばしてください。
 
デスクトップの「マイコンピュター」→「表示(V)」→「オプション(O)」を選択し
 
「表示」タグをクリック、「登録されているファイルの拡張子は表示しない」にチッェックがはいっていたら、はずしておきましょう。これで、iken97.mdb iken97.lzh iken97.EXE の区別ができるようになるはずです。
 
ご意見ver1(for MS-ACCESS97) (自己解凍型)   
iken97.EXE(234k)(平成10年12月8日修正)
MS-ACCESS97上で動作します(推奨)
右の「病名入力カナボタンでの不具合」をみてください
ご意見ver1(for MS-ACCESS95)(自己解凍型)
iken95.EXE(398k)(平成10年12月8日修正)
MS-ACCESS95上で動作します
右の「病名入力カナボタンでの不具合」をみてください
ご意見ver1(for MS-ACCESS ver2.0)(自己解凍型)
iken02.EXE(621k)(平成10年12月8日修正)
MS-ACCESS VER2.0で上で動作します(WINDOWS3.1)
右の「病名入力カナボタンでの不具合」をみてください
 
あとは、上の3つの自己解凍型ファイルから希望のファイルを選び、右クリックで「対象をファイルに保存」または「リンクを名前をつけて保存」を選んでください。
 
そして上のダイアログボックスで、先ほどつくっておいた C:\iken のフォルダを選び保存(S)ボタンを押します。ダウンロードには回線の状況にもよりますが1分程度かかるかもしれません。
スタート→プログラム→エクスプローラで c:\iken を開くと、上のようにiken97.EXEがあればダウンロード成功です。あとは、このファイルをダブルクリックしてください。
解凍が始まり、解凍後のファイルの保存場所を聞いてきますので、今の場所、c:\iken のまま「ok」を押してください。あとは、それぞれのMS-ACCESSで開いてください。なお、この自己解凍型のLHAファイルの解凍には、UNLHA32.DLL などの解凍用DLLは必要ないはずです。もし、うまく解凍出来ない場合は、阿波郡医師会ホームページ掲示板等にご発言ください。
 戻る